ポータブル電源特集

失敗しない選び方

「yakutachi」おすすめ4選

ポータブル電源特集

失敗しない選び方

「yakutachi」おすすめ4選

 ポータブル電源特集

失敗しない選び方

「yakutachi」

おすすめ4選

人気商品は売り切れが続出しているほど、ポータブル電源が注目され始めています。
リモートワークやアウトドア、災害対策として1台持っておくと便利で安心なアイテムです。

しかし、コンビニで手軽に購入できるモバイルバッテリーとは異なり、バッテリー容量が大きい分、価格帯は3~15万円程度とかなり高めで、製品の幅も広く、どれを選べばよいか迷ってしまいます。

使用目的に合った製品を選べるように、
ポータブル電源の選び方やオススメ商品を紹介します。

人気商品は売り切れが続出しているほど、ポータブル電源が注目され始めています。
リモートワークやアウトドア、災害対策として1台持っておくと便利で安心なアイテムです。

しかし、コンビニで手軽に購入できるモバイルバッテリーとは異なり、バッテリー容量が大きい分、
価格帯は3~15万円程度とかなり高めで、製品の幅も広く、どれを選べばよいか迷ってしまいます。

使用目的に合った製品を選べるように、
ポータブル電源の選び方やオススメ商品を紹介します。

人気商品は売り切れが続出しているほど、ポータブル電源が注目され始めています。
リモートワークやアウトドア、災害対策として1台持っておくと便利で安心なアイテムです。

しかし、コンビニで手軽に購入できるモバイルバッテリーとは異なり、バッテリー容量が大きい分、価格帯は3~15万円程度とかなり高めで、製品の幅も広く、どれを選べばよいか迷ってしまいます。

使用目的に合った製品を選べるように、
ポータブル電源の選び方やオススメ商品を紹介します。

ポータブル電源の購入時に確認しておきたい安全性「PSEマーク」

PSEマークとは「Product+Safety+Electrical appliance & materials」の頭文字で、電気用品安全法の基準をクリアした電化製品に掲示される印のことです。丸形とひし形の2種類があり、特に高い安全性が要求される116品目にひし形が、その他の電気用品341品目には丸形が付けられます。ちなみにポータブル電源については丸形のPSEマークが、ACアダプターにはひし形のPSEマークが付けられます。いずれにせよポータブル電源を購入する際にはPSEマークが付いていることを事前に確認してください。また、PSEマーク以外にも温度管理や過電圧・過電流保護及びショート防止などバッテリーを管理するための機能が付いているかも確認しましょう。

Amazonをはじめとした大手通販サイトでも、聞いたこともないメーカーや、
ともすればメーカー名の記載すらない謎の海外製品が大量に販売されているので注意してください。

ポータブル電源の購入時に確認しておきたい
安全性「PSEマーク」

PSEマークとは「Product+Safety+Electrical appliance & materials」の頭文字で、電気用品安全法の基準をクリアした電化製品に掲示される印のことです。丸形とひし形の2種類があり、特に高い安全性が要求される116品目にひし形が、その他の電気用品341品目には丸形が付けられます。ちなみにポータブル電源については丸形のPSEマークが、ACアダプターにはひし形のPSEマークが付けられます。いずれにせよポータブル電源を購入する際にはPSEマークが付いていることを事前に確認してください。また、PSEマーク以外にも温度管理や過電圧・過電流保護及びショート防止などバッテリーを管理するための機能が付いているかも確認しましょう。

Amazonをはじめとした大手通販サイトでも、聞いたこともないメーカーや、
ともすればメーカー名の記載すらない謎の海外製品が大量に販売されているので注意してください。

ポータブル電源の購入時
に確認しておきたい
安全性「PSEマーク」

 PSEマークとは「Product+Safety+Electrical appliance & materials」の頭文字で、電気用品安全法の基準をクリアした電化製品に掲示される印のことです。丸形とひし形の2種類があり、特に高い安全性が要求される116品目にひし形が、その他の電気用品341品目には丸形が付けられます。ちなみにポータブル電源については丸形のPSEマークが、ACアダプターにはひし形のPSEマークが付けられます。いずれにせよポータブル電源を購入する際にはPSEマークが付いていることを事前に確認してください。また、PSEマーク以外にも温度管理や過電圧・過電流保護及びショート防止などバッテリーを管理するための機能が付いているかも確認しましょう。

Amazonをはじめとした大手通販サイトでも、聞いたこともないメーカーや、ともすればメーカー名の記載すらない謎の海外製品が大量に販売されているので注意してください。

使う目的に合わせて容量を選ぶ

ポータブル電源の容量は、mAh(ミリアンペアアワー)とWh(ワットアワー)のどちらかで表示しているものが主流です。しかし、mAhでは使用可能な時間をイメージしにくいので、比較するならWhを基準にすると良いでしょう。
なお、使用時には20~30%の放電が発生するので、実際に使えるWhはスペックの7割くらいに見積もっておきます。例えば100Whの商品を希望する場合は、100Wh/70%≒140Whの商品を選択するのがオススメです。

使う目的に合わせて容量を選ぶ

ポータブル電源の容量は、mAh(ミリアンペアアワー)とWh(ワットアワー)のどちらかで表示しているものが主流です。しかし、mAhでは使用可能な時間をイメージしにくいので、比較するならWhを基準にすると良いでしょう。
なお、使用時には20~30%の放電が発生するので、実際に使えるWhはスペックの7割くらいに見積もっておきます。例えば100Whの商品を希望する場合は、100Wh/70%≒140Whの商品を選択するのがオススメです。

使う目的に合わせて容量を選ぶ

ポータブル電源の容量は、mAh(ミリアンペアアワー)とWh
(ワットアワー)のどちらかで表示しているものが主流です。
しかし、mAhでは使用可能な時間をイメージしにくいので、
比較するならWhを基準にすると良いでしょう。

なお、使用時には20~30%の放電が発生するので、
実際に使えるWhはスペックの7割くらいに見積もっておきます。例えば100Whの商品を希望する場合は、
100Wh/70%≒140Whの商品を選択するのがオススメです。

キャンプ・車中泊
には350Wh以上が
オススメ

キャンプや車中泊で使う予定の方には、350Wh以上の容量がオススメです。
350Whなら放電を差し引いても245Whほど使えるので、アウトドア用の電気ケトルや小型のポータブル冷蔵庫、電気毛布などを使うことができます。
小型のテレビを使用する場合も350Wh以上のポータブル電源が必要になります。
また、夏場のテント内ではポータブル扇風機やサーキュレーターを使用することも多いですが、350Wh以上であれば長時間運転させることも可能です。
ただ、他にも音楽プレイヤーを持ち込んで音楽を聴いたり、夜間にライトを使う場合は容量400Wh以上のものを選んでおくと良いでしょう。

キャンプ・車中泊
には350Wh以上が
オススメ

キャンプや車中泊で使う予定の方には、350Wh以上の容量がオススメです。
350Whなら放電を差し引いても245Whほど使えるので、アウトドア用の電気ケトルや小型のポータブル冷蔵庫、電気毛布などを使うことができます。
小型のテレビを使用する場合も350Wh以上のポータブル電源が必要になります。
また、夏場のテント内ではポータブル扇風機やサーキュレーターを使用することも多いですが、350Wh以上であれば長時間運転させることも可能です。
ただ、他にも音楽プレイヤーを持ち込んで音楽を聴いたり、夜間にライトを使う場合は容量400Wh以上のものを選んでおくと良いでしょう。

キャンプ・車中泊
には350Wh以上がオススメ

キャンプや車中泊で使う予定の方には、350Wh以上の容量がオススメです。
350Whなら放電を差し引いても245Whほど使えるので、アウトドア用の電気ケトルや小型のポータブル冷蔵庫、電気毛布などを使うことができます。
小型のテレビを使用する場合も350Wh以上のポータブル電源が必要になります。
また、夏場のテント内ではポータブル扇風機やサーキュレーターを使用することも多いですが、350Wh以上であれば長時間運転させることも可能です。
ただ、他にも音楽プレイヤーを持ち込んで音楽を聴いたり、夜間にライトを使う場合は容量400Wh以上のものを選んでおくと良いでしょう。

オススメ:iForway PS300

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:iForway PS300

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:iForway PS300

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

『家電批評 オブ・ザ・イヤー』の大容量バッテリー部門のベストバイに選ばれた「iForway」PS300。
500Wh/124800mAhの容量を備え、電気毛布と電気あんかを使いながら、スマートフォン2台を充電して、

本体のLEDライトをつけた状態でもまだまだ余裕があります。

2口あるAC出力端子は最大300Wまで対応しており、余裕があるのも安心です。
何かが起こったときの備えとして非常用電源を持っておきたい方はぜひ参考にしてみてください。

『家電批評 オブ・ザ・イヤー』の大容量バッテリー部門のベストバイに選ばれた「iForway」PS300。
500Wh/124800mAhの容量を備え、電気毛布と電気あんかを使いながら、スマートフォン2台を充電して、

本体のLEDライトをつけた状態でもまだまだ余裕があります。

2口あるAC出力端子は最大300Wまで対応しており、余裕があるのも安心です。
何かが起こったときの備えとして非常用電源を持っておきたい方はぜひ参考にしてみてください。

『家電批評 オブ・ザ・イヤー』の大容量バッテリー部門の
ベストバイに選ばれた「iForway」PS300。
500Wh/124800mAhの容量を備え、電気毛布と電気あんかを
使いながら、スマートフォン2台を充電して、

本体のLEDライトをつけた状態でもまだまだ、
余裕があります。

2口あるAC出力端子は最大300Wまで対応しており、余裕があるのも安心です。何かが起こったときの備えとして非常用電源を持っておきたい方はぜひ参考にしてみてください。

ピクニック・夜釣り・野外撮影
には200Whくらいが目安

ちょっとした電力を必要とするシーンでは、200Wh前後あれば十分です。ピクニックで小型のサーキュレーターを使ったりスマホの充電をしたりと、
さほど電力を消費しない用途に最適。野外での撮影時にはカメラのバッテリーを充電するときにも便利です。

また、夜釣りの際もポータブル電源は活躍します。夜釣り用ライトの消費電力は10Wh程度なので、200Wもあれば放電でのロスを考慮しても約14時間ほどは点灯します。このタイプのポータブル電源なら本体サイズもコンパクト設計なので、外に持ち出すのもストレスがないので便利です。

ピクニック・夜釣り・野外撮影
には200Whくらいが目安

ちょっとした電力を必要とするシーンでは、200Wh前後あれば十分です。ピクニックで小型のサーキュレーターを使ったりスマホの充電をしたりと、
さほど電力を消費しない用途に最適。野外での撮影時にはカメラのバッテリーを充電するときにも便利です。

また、夜釣りの際もポータブル電源は活躍します。夜釣り用ライトの消費電力は10Wh程度なので、200Wもあれば放電でのロスを考慮しても約14時間ほどは
点灯します。このタイプのポータブル電源なら本体サイズもコンパクト設計なので、外に持ち出すのもストレスがないので便利です。

ピクニック・夜釣り・野外撮影
には200Whくらいが目安

ちょっとした電力を必要とするシーンでは、200Wh前後あれば十分です。ピクニックで小型のサーキュレーターを使ったりスマホの充電をしたりと、さほど電力を消費しない用途に最適。野外での撮影時にはカメラのバッテリーを充電するときにも便利です。

また、夜釣りの際もポータブル電源は活躍します。夜釣り用ライトの消費電力は10Wh程度なので、200Wもあれば放電でのロスを考慮しても約14時間ほどは点灯します。このタイプのポータブル電源なら本体サイズもコンパクト設計なので、外に持ち出すのもストレスがないので便利です。

ピクニック・夜釣り・野外撮影
には200Whくらいが目安

ちょっとした電力を必要とするシーンでは、200Wh前後あれば十分です。ピクニックで小型のサーキュレーターを使ったりスマホの充電をしたりと、さほど電力を消費しない用途に最適。野外での撮影時にはカメラのバッテリーを充電するときにも便利です。

また、夜釣りの際もポータブル電源は活躍します。夜釣り用ライトの消費電力は10Wh程度なので、200Wもあれば放電でのロスを考慮しても約14時間ほどは点灯します。このタイプのポータブル電源なら本体サイズもコンパクト設計なので、外に持ち出すのもストレスがないので便利です。

オススメ:PS100N

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:PS100N

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:PS100N

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

サイズで選ぶ

ポータブル電源は国内外のメーカーから多くのモデルが出ていて、製品によってサイズや重量もさまざまです。

サイズは20~30cm程度のものが多く、重さはバッテリーの大きさに比例して容量が大きければ大きいほど重くなります。

また、リモートワーク、アウトドア、防災グッズとして使用するのであれば、5kg程度の持ち運べる製品がおオススメです。

サイズで選ぶ

ポータブル電源は国内外のメーカーから多くのモデルが出ていて、
製品によってサイズや重量もさまざまです。

サイズは20~30cm程度のものが多く、
重さはバッテリーの大きさに比例して容量が大きければ大きいほど重くなります。

また、リモートワーク、アウトドア、防災グッズとして使用するのであれば、
5kg程度の持ち運べる製品がおオススメです。

サイズで選ぶ

ポータブル電源は国内外のメーカーから多くのモデルが、
出ていて、製品によってサイズや重量もさまざまです。

サイズは20~30cm程度のものが多く、
重さはバッテリーの大きさに比例して容量が大きければ、
大きいほど重くなります。

また、リモートワーク、アウトドア、
防災グッズとして使用するのであれば、
5kg程度の持ち運べる製品がおオススメです。

オススメ:PS105

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:PS105

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:PS105

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

防水機能で選ぶ

川や海での水辺でバーベキューや釣りなどをするときにポータブル電源を使う場合は防水機能があると大変安心です。

誤って水がかかってしまったときや急に雨が降ってきて水に濡れてしまったときの故障リスクを減らすことができます。
また、万が一の水害時に使用するときにも防水機能があるだけで命運が分かれるかもしれません。

防水機能で選ぶ

川や海での水辺でバーベキューや釣りなどをするときにポータブル電源を使う場合は防水機能があると大変安心です。

誤って水がかかってしまったときや急に雨が降ってきて水に濡れてしまったときの故障リスクを減らすことができます。
また、万が一の水害時に使用するときにも防水機能があるだけで命運が分かれるかもしれません。

防水機能で選ぶ

川や海での水辺でバーベキューや釣りなどをするとき、
ポータブル電源を使う場合は防水機能があると大変安心です。

誤って水がかかってしまったときや急に雨が降ってきて水に濡れてしまったときの故障リスクを減らすことができます。
また、万が一の水害時に使用するときにも防水機能があるだけで命運が分かれるかもしれません。

防水機能で選ぶ

川や海での水辺でバーベキューや釣りなどをするときにポータブル電源を使う場合は防水機能があると大変安心です。

誤って水がかかってしまったときや急に雨が降ってきて水に濡れてしまったときの故障リスクを減らすことができます。また、万が一の水害時に使用するときにも防水機能があるだけで命運が分かれるかもしれません。

オススメ:iForway ELF ポータブル電源

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:iForway ELF ポータブル電源

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:iForway ELF ポータブル電源

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

災害対策には、大容量のシガーソケット・ソーラーパネル対応モデルを

災害時の備えとして検討している方には、大容量かつシガーソケット・ソーラーパネル対応のものがオススメです。停電の際にも予備電源として使うことができ、ラジオやポットなど情報の確保や食事の準備などに必要な家電も動かすことができます。

シガーソケット・ソーラーパネル対応なら、自宅のコンセントが使えなくても充電可能です。また、内蔵バッテリーもリチウムイオンバッテリーにしておけば長く使えて交換にも対応しているので安心。日ごろから定期的にポータブル電源に充電を行い、万が一に備えておくことが大切です。家庭内であれば半年に1回、屋外で気温差が激しい場所であれば3ヶ月に1度は充電チェックしておくと安心できます。

災害対策には、
大容量のシガーソケット・ソーラーパネル
対応モデルを

災害時の備えとして検討している方には、大容量かつシガーソケット・ソーラーパネル対応のものがおすすめ。停電の際は予備電源として使うことができるし、ラジオやポットなど、情報の確保や食事の準備などに必要な家電も動かすことができる。

シガーソケット・ソーラーパネル対応なら、自宅のコンセントが使えなくても充電可能。また、内蔵バッテリーもリチウムイオンバッテリーにしておけば長く使えて交換にも対応しているので安心。日頃から定期的にポータブル電源に充電を行い、万が一に備えておこう。家庭内であれば半年に1回、屋外で気温差が激しい場所であれば3ヶ月に1度は充電チェックしておくと安心できる。

災害対策には、大容量のシガーソケット・ソーラーパネル対応モデルを

災害時の備えとして検討している方には、大容量かつシガーソケット・ソーラーパネル対応のものがオススメです。停電の際にも予備電源として使うことができ、ラジオやポットなど情報の確保や食事の準備などに必要な家電も動かすことができます。

シガーソケット・ソーラーパネル対応なら、自宅のコンセントが使えなくても充電可能です。また、内蔵バッテリーもリチウムイオンバッテリーにしておけば長く使えて交換にも対応しているので安心。日ごろから定期的にポータブル電源に充電を行い、万が一に備えておくことが大切です。家庭内であれば半年に1回、屋外で気温差が激しい場所であれば3ヶ月に1度は充電チェックしておくと安心できます。

おすすめソーラーパネル:iForway Solar 100W

ps:65Wバージョンもあります

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

オススメ:iForway Solar

オススメ:iForway Solar

オススメ:iForway Solar

おすすめソーラーパネル:iForway Solar 25W

商品の画像をクリックして該当商品のページへジャンプする

ポータブル電源一覧

ポータブル電源一覧

 ポータブル電源一覧

トップへ戻る。